華やかで高貴♪「花」柄のご紹介
>
ピックアップ
>
京都和婚TOP

華やかで高貴♪「花」柄のご紹介

着物2017.03.30
花柄

色内掛けや引き振袖など、和装にはどれも美しい模様が施されています。
以前、「良い兆し」「めでたい」という意味を持つ「吉祥文様」の一部と、その柄にこめられた意味をお話しました。

まだまだたくさんご紹介したい柄があるので、今回はさまざまな「花」の柄をピックアップ!
歴史深い京都の町で、花のように美しく咲き誇る花嫁姿。
どんな花にも縁起の良い、素敵な意味がこめられています。
ぜひ、チェックしてみてくださいね♪

牡丹

花柄

意味:豪華、幸福
小さな丸いつぼみから、大輪の花を咲かせる牡丹。「百花の王」とも呼ばれることで有名ですが、その名の通り、牡丹の花がどの花よりも優雅で豪華な花の象徴とされています。

意味:不老長寿、厄除け
皇室の紋章にも使われている高貴な花。不老長寿の象徴としても用いられます。また、菊には浄化、厄除けの作用があるといわれ、邪気を払う縁起物として愛され尊ばれています。

意味:繁栄、豊かさ
日本人の国花であることから、日本人にとってなじみ深く、古くから愛されている桜。「繁栄」や「豊かさ」の象徴とされ、振袖の柄として、季節を問わず人気です。

楓紅葉

意味:長寿
楓紅葉は、秋を代表する植物文で、初夏から秋にかけて着るのが好ましいものです。季節によって色を変えることで人を喜ばせるため、世渡りがうまく幸福になれるともいわれます。

椿

意味:厄除け
椿の葉は一年中青々としています。この木は古くから常盤木と呼ばれ、縁起の良いものとされています。悪霊を払う力があるといわれ、「聖なる木」としても好まれています。

百合

意味:純潔、無垢
ブーケや髪飾りにも使われる百合。大きな花は存在感があり、大胆に咲く様子は厳かな佇まいを演出します。白無垢との相性も良く、白い百合は「純潔」「無垢」の意味を持ちます。

 

  • ご来店予約
  • 試料請求
  • お問合せ
店舗情報
|
サイトマップ
|
プライバシーポリシー