新郎様の晴れ衣装を紹介します!
>
ピックアップ
>
京都和婚TOP

新郎様の晴れ衣装を紹介します!

着物2016.10.21
紋付き袴

神社結婚式では、新婦様は白無垢や色打掛などを着るのに対して、新郎様の衣装のレパートリーを知らない!という方が意外と多くいらっしゃいます。
男性の和装は、「正礼装」「準礼装」「略礼装」と大きく三つ。
新婦様の和装の格と合わせて衣装を選ぶことがポイントです。

正礼装

「黒五つ紋付き羽織袴」

最も格式高い正礼装は「黒五つ紋付き羽織袴」。短縮して「紋付袴」と呼ばれているのが一般的です。 羽織は黒の無地の羽二重、背中・両胸・両後ろ袖に計5ヶ所に染め抜きの紋が入っています。生地は仙台平で、縦にやわらかく横に丈夫な厚手の織物。 紋付袴は日本人男性にとてもよく似合い、女性が結婚式に白を選ぶのと同じように、黒には「何色にも染まらない」という意志が込められています。

準礼装

「三つ紋付き羽織袴の色紋服」

背中と両後ろ袖、合計三つの家紋が入った色紋付です。生地は紋付袴と同じ仙台平。小物もすべて白色で統一すると、新婦の白無垢と同格の和装スタイルになります。

略礼装

「色紋付き袴」

三つ紋や一つ紋の色紋付き袴。準礼装との違いは、色小物を合わせる点です。結婚式や披露宴、パーティーなどで着ることができますが、新婦様の衣装との格やTPOに合わせて選んでくださいね。

 

  • ご来店予約
  • 試料請求
  • お問合せ

京都和婚のことならお気軽に!
全国のワタベウェディング店舗でご相談承ります。

新規ご来店専用ダイヤル
フリーダイヤル0120-363-230
受付時間:11:00-19:00

想いがあるからこそ一生に一度を、京都で。

京都和婚では、京都での神前結婚式・仏前結婚式をお考えのおふたりに、
挙式プランをはじめ、和装えらび、美容着付け、
会食披露宴会場の手配など和婚式に必要なものを
トータルプロデュースさせていただきます。
一生に一度だからこそ、京都ならではのおもてなしで、
当日までのおふたりをしっかりとサポートさせていただきます。

〒602-8011
京都市上京区烏丸通出水上る桜鶴円町361
- 地下鉄烏丸線丸太町駅2番出口徒歩7分 -

TEL : 075−432−3851