京都の和装結婚式なら、鏡開きを♪
>
ピックアップ
>
京都和婚TOP

京都の和装結婚式なら、鏡開きを♪

披露宴2016.10.31
鏡開き

鏡開きは、結婚式だけでなく、セレモニーや新年会など、よろこびの場にはピッタリの演出。

京都で由緒正しき和装結婚式を挙げたいなら
披露宴では、ぜひ「鏡開き」をおすすめしますよ♪

枡酒は乾杯のお酒なので、乾杯の前に行うことがありますが
鏡開きはとてもインパクトがあるので、
披露宴の余興や挙式で行うのもゲストのみなさんで楽しめます♪

中のお酒は木マスに入れて、みなさんでいただきます。
木マスには名前を入れて、そのままお持ち帰りいただくことも
洒落たお土産になりますよ!

「運を開く」縁起が良い演出

鏡開きはもともと、酒樽のふたを「鏡」と呼び、昔、武士が戦の前に、味方同士で士気を高めるための振舞酒として酒樽を割ったことがはじまりだと言われています。

また、同じく「鏡」の名を持つものが「鏡餅」。「鏡」は昔から魂が宿るものとされていたので、酒樽も鏡餅も「割る」という言葉を用いず、 「開く」と表現されています。

その名からくるように、鏡開きは「運を開く」という意味があり、京都の和装結婚式でも多くの人に選ばれています。

  • ご来店予約
  • 試料請求
  • お問合せ

京都和婚のことならお気軽に!
全国のワタベウェディング店舗でご相談承ります。

新規ご来店専用ダイヤル
フリーダイヤル0120-363-230
受付時間:11:00-19:00

想いがあるからこそ一生に一度を、京都で。

京都和婚では、京都での神前結婚式・仏前結婚式をお考えのおふたりに、
挙式プランをはじめ、和装えらび、美容着付け、
会食披露宴会場の手配など和婚式に必要なものを
トータルプロデュースさせていただきます。
一生に一度だからこそ、京都ならではのおもてなしで、
当日までのおふたりをしっかりとサポートさせていただきます。

〒602-8011
京都市上京区烏丸通出水上る桜鶴円町361
- 地下鉄烏丸線丸太町駅2番出口徒歩7分 -

TEL : 075−432−3851