幸せを願う、特別な懐石料理
>
ピックアップ
>
京都和婚TOP

幸せを願う、特別な懐石料理

懐石料理2017.01.17
懐石料理

和装結婚式の披露宴で、ゲストへのおもてなしとして振る舞われる日本料理。
婚礼シーンでは、日本料理のフルコースである「懐石料理」が振る舞われます。
味も見た目も味わい深く、口にするたびに幸せを運んできてくれるお料理ですが、晴れの日をお祝いするものなので、食材も縁起が良いものが多く使われているんですよ。

海老

懐石料理

茹でると鮮やかな赤色になります。赤色は昔から、「邪気を払う色」と言われていて、魔よけの意味を持ちます。また尻尾が丸まっている様子を老人に見立てて、腰が曲がるまで元気でいられるようにと「長寿」を願う意味も込められています。

鯛も海老と同じく、赤色が邪気を払うものとして取り入れられることが多いです。「めでたい」という言葉遊びの要素も含まれています。

鰹節

鰹の背節は「雄節」、腹節は「雌節」と呼ばれています。ふたつを合わせて「夫婦一体で仲良く」という意味となります。

昆布

昆布は、繁栄や繁殖力の象徴。「よろこぶ」という意味もあり、子孫繁栄を願うものとして古くから好まれています。

蛤の貝殻は二枚で一組。「夫婦和合」の意味を持ち、夫婦円満の願いが込められています。

このように懐石料理には、あちらこちらにお祝いや縁起担ぎの意味が込められています。新郎新婦様はもちろんのこと、お祝いに駆け付けてくださったゲストのみなさんと一緒に、幸せたっぷりの特別なお料理をいただいて、おなかも心も満たしてくださいね!

 

  • ご来店予約
  • 試料請求
  • お問合せ

京都和婚のことならお気軽に!
全国のワタベウェディング店舗でご相談承ります。

新規ご来店専用ダイヤル
フリーダイヤル0120-363-230
受付時間:11:00-19:00

想いがあるからこそ一生に一度を、京都で。

京都和婚では、京都での神前結婚式・仏前結婚式をお考えのおふたりに、
挙式プランをはじめ、和装えらび、美容着付け、
会食披露宴会場の手配など和婚式に必要なものを
トータルプロデュースさせていただきます。
一生に一度だからこそ、京都ならではのおもてなしで、
当日までのおふたりをしっかりとサポートさせていただきます。

〒602-8011
京都市上京区烏丸通出水上る桜鶴円町361
- 地下鉄烏丸線丸太町駅2番出口徒歩7分 -

TEL : 075−432−3851