神社結婚式と仏前結婚式の違い
>
ピックアップ
>
京都和婚TOP

神社結婚式と仏前結婚式の違い

着物2016.06.22
神社結婚式と仏前結婚式の違い

和装結婚式を挙げようとお考えのみなさんは、「神前式」と「仏前式」の違いはご存知ですか?

実は、挙式の意味や式順、費用などにも違いがあるのですが、意外と知らない方が多いんです。それぞれの挙式スタイルを知って、スムーズに結婚準備をはじめましょうね!

挙式にこめられた意味は?

●神前式

神様にふたりが結ばれたことを報告し、感謝するもの。これからのご加護を願うというのが大きな意味合いです。玉串を神前に捧げる儀式を、親族と仲人を含めて行い、親族の結びつきを深く感じられる挙式です。

●仏前式

仏様や先祖に結婚の報告をし、巡り合えたご縁に感謝する儀式。一度結婚すると来世まで連れ添うという仏教の教えに基づき、新郎新婦が仏の前で来世までの結びつきを誓います。馴染みのある寺院やお寺、自宅の仏前で挙式を行うのが一般的です。

内容は?

●神前式

雅楽の音色が響く中、神社に奉仕する神職と巫女に導かれて、本殿へ。「新郎新婦が結婚することを報告する」という祝詞が読まれ、「三献の儀」と呼ばれる三々九度の杯を新郎新婦がかわします。

●仏前式

「念珠授与」と呼ばれる儀式が特徴的です。結婚のお祝いとして、白房の数珠を新郎、赤房の数珠を新婦へ、僧侶が授けるもの。その後三三九度の杯を交わすというのが、基本的スタイル。お経が読まれたり、焼香をすることも仏前式ならでは。

費用は?

●神前式

挙式のみを神社で行う場合は、10万円前後。ホテルや結婚式場の場合、貸衣装や披露宴などとセットになっていることもあり便利。それらを利用すると平均して150万~250万ほどになります。

●仏前式

一般的には10~20万円程度。披露宴やパーティーが行える会場やレストランなどはありません。披露宴を行う場合には、自宅を利用したり、お好きな会場を手配する必要があります。

おふたりで選ぶ、和装結婚式。

いかがでしょうか。 「和装結婚式」とひとえに言っても、これだけの違いがあるんです。
仏前式では六曜にこだわらないで良いことも、あまり知られていないことです。
衣裳は、どちらの挙式スタイルも白無垢に限らず、ウエディングドレスなどの洋装でもOK。
挙式の意味合いに大きな違いがありますが、それぞれの良さを踏まえて、おふたりらしい結婚式を迎えてくださいね。

 

  • ご来店予約
  • 試料請求
  • お問合せ

京都和婚のことならお気軽に!
全国のワタベウェディング店舗でご相談承ります。

新規ご来店専用ダイヤル
フリーダイヤル0120-363-230
受付時間:11:00-19:00

想いがあるからこそ一生に一度を、京都で。

京都和婚では、京都での神前結婚式・仏前結婚式をお考えのおふたりに、
挙式プランをはじめ、和装えらび、美容着付け、
会食披露宴会場の手配など和婚式に必要なものを
トータルプロデュースさせていただきます。
一生に一度だからこそ、京都ならではのおもてなしで、
当日までのおふたりをしっかりとサポートさせていただきます。

〒602-8011
京都市上京区烏丸通出水上る桜鶴円町361
- 地下鉄烏丸線丸太町駅2番出口徒歩7分 -

TEL : 075−432−3851