衣裳
>
京都和婚TOP

日本の花嫁には、和のセンスがある。
その衣裳が生まれた歴史はよく知らなくても、
出逢った運命の一着には、心奪われる瞬間がある。
それはまるで、恋に落ちるように。

「嫁ぎ先の色に染まる」という花嫁の決意を表現する白無垢は、
打掛から掛下、帯、小物まですべて白一色で統一した日本の代表的な花嫁の正礼装。
室町時代から主に神前式の場で着られ、角隠しや綿帽子をかぶります。
最近では柄や小物も充実しているので、
さまざまなコーディネートを楽しめる定番の和装スタイルです。

白以外の打掛のことを色打掛といいます。
掛下の上に羽織る色どり豊かなお衣裳です。
白無垢と同格の正礼装ですが、
最近は挙式で白無垢、披露宴で色打掛に
お色直しされることが多くなりました。
個性的な柄もたくさんあるので、
みんなと同じスタイルは避けたい
という方にはおすすめ。

振袖は未婚女性の第一礼装です。その中でも裾を引きずるものを引振袖と呼び、
花嫁用の礼装です。女性にとって振袖を着る最後のチャンス。
帯・帯揚げ、帯締などでコーディネートを楽しむことが出来るのも引振袖ならではです。

ドレスはワタベウェディングがホームページにてご案内しております。

詳細を見る

youR STYLE レンタル衣裳サイト

店舗情報
|
サイトマップ
|
プライバシーポリシー